よくよく考えて実践してほしい事

任意整理をしたとしても、たいしたデメリットなどないと考えがちですが、実際にはあるということを知っておられますでしょうか。 つまりは、他人に知られてしまう可能性も十分にあるということです。

それこそが、任意整理の一番のデメリットだと言えるのかもしれません。任意整理をした後に、幾らお金が必要だと感じたからといって、キャッシングを消費者金融などに申し込んだとしても、審査をうける段階で通ることが出来ません。ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、登録が消されるまでには5〜10年の歳月が必要ですので、その時間を待てばキャッシングができます。債務整理を家族に気づかれずに行なうにはその方法次第で難易度には差があります。任意整理に限っては全ての手続きを自分でどうにかしようとしなければ家族に勘付かれることはごく稀です。 しかし、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、知られずにいるのは厳しいでしょう。

勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと内密にできます。

もし破産するのであれば、預貯金は包み隠さず申告しなければなりません。あとは、総額や時価が20万円を超える資産は基本的に返済に回すものですが、この点が他の債務整理との大きな違いです。

名義を変えたり、口座から引き出せばわかるまいとは考えないほうが無難です。

もし露見すれば、免責不許可といった事態になる訳ですから、嘘はいけません。
借金 払えない どうなる